聖地

 すべての創造主であられる神さまの願いは、地上天国を樹立することです。
 地上天国を樹立するとは、私たちが皆、神さまのみもとである天国から地上に来ていることを認め、その天国に立ち返って、神さまの子どもとならせていただくことです。
 神さまの願いを感受された教祖・明主様は、「地上天国在吾心」(地上天国吾が心に在り)という御書をご揮毫になり、私たちの魂のふるさとである天国が、私たち人間の中心に存在し、永遠の聖地として光り輝いていることを教えてくださいました。
 そして、その天国に少しでも心を向けることができるようにと、万人が集い、憩うことのできる聖地を、箱根(神仙郷)、熱海(瑞雲郷)、京都(平安郷)に、「地上天国の模型」として造営されました。
 私たち信徒は、明主様のみ心をお受けして、人間の中心に天国があることを思い出し、全人類とその父母先祖の方々と共に、そして、万物と共に、天国に立ち返らせていただく営みを大切にしています。

箱根・神仙郷

熱海・瑞雲郷

京都・平安郷

TOP
Copyright(c) 2017 Sekaikyuseikyo Sunohikarikyodan